土地活用 開発行為・建築行為

土地活用について「開発行為・建築行為」と「借地」に分類されます。投資にて土地活用との考えもありますが、これは今度ご説明致します。さて「開発行為・建築行為」の土地活用は、賃貸アパート・マンション経営、店舗・事務所のビルオーナー、コンビニエンスストアー(郊外型)のオーナーなど建築を伴う事業を指します。「借地」の土地活用は、時間貸し駐車場、レンタルボックス
(コンテナボックス)などの比較的費用の持ち出しが少ない事業を指します。土地活用の内容については多岐に亘り、不動産オーナーの事業趣旨に大きく分かれます。例えば、相続税対策にて大きな借入額が必要な場合は「開発行為・建築行為」が有効となりますが
事業リスクも大きくなります。出来るだけ大きな投資費用は使いたくないとの場合は「借地」が有効と思います。事業リスクは軽減
出来ますが、リターン(収益)も小さくなります。「開発行為・建築行為」での土地活用では、長期的な投資計画となりますので、
緻密な事業計画が必要となります。地域の商圏調査はもちろんのこと、家賃の想定や無理のない借入返済計画が必要です。
アクシード設計事務所では豊富な知識と経験があり、且つ収益性の高いローコストの建築設計が可能です。オーナー様側に立った
事業計画にて、出来るだけリスク軽減を図ることが可能です。土地活用でお悩みのオーナー様、是非アクシード設計事務所にご相談
下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です