土地活用 店舗

土地活用に関しては、ロードサイドの店舗展開も考えられます。コンビニエンスストアーや家電量販店などが代表格ですが、複合店舗・外食店舗なども見受けられます。ロードサイドの市街化調整区域ですと広い土地を所有していながら、利用価値がない!となります。利用形態としては、土地・建物がオーナーの所有で店舗事業者はテナントとして出店いたします。つまり建築工事はオーナー負担となります。出店に関しては「商圏調査」・「類似店舗の稼働状況調査」・「交通量・購入層の属性」などの事前調査を事業者は行い
出店可能かの判断を下します。ロードサイドの立地上、駐車台数=売上となりますので、コンビニエンスストアーで店舗面積60坪~
70坪程度でも10台以上の駐車場が必要となります。賃貸借契約ですが複数年(5年~10年)が通常で、家賃固定となります。
注意しなければいけないのは「撤退条項」です。オープンしてから2~3年で撤退し、大きな違約金が取れず、空き店舗の状態で銀行
返済だけが続くのは悲劇です。「撤退条項」の内容については、事業者側が有利な条文となっているのが大半ですが、出資に対する
リカバリーは万全の対策をとるべきでしょう。
様々な土地活用の経験を持ち、常にオーナー様に寄り添った事業計画を提案できる、アクシード設計事務所のい是非ご相談下さい。
多岐にわたるネットワークを駆使し、最適な土地活用をご提案致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です